上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。 二流カウンセラーのあらんです・・・

一流の方は読まないで下さい^^;
マンナカヘンのあなたは、自分が担当する業務に必要な、基礎的な実務能力はすでにひと通り身に付けているでしょう。それなりの経験も積んで、今の仕事に特有のコツもつかみ、日々の業務をソツなくこなしていることと思います。

しかし、マンネリに陥って仕事に興味が持てなくなっていたり、不満がたまっていたりしませんか?

または、先のことを考えると、このままでいいのかなあ、などと漠然と感じながら惰性で目の前の業務をこなしているかもしれません。



そんな時、あなたは二流のワナに陥っているのではないでしょうか?

ところで、会社というところは、ある意味とても居心地の良いところです。長年そこに通っているうちに、そこにいることが当たり前のようになってしまいます。

そこで、ともすると、自分が長い間勤めている会社の就業規則に、一度も目を通したことがないまま働き続けている、という奇妙な現象が起きます。そして、以前、「日本的経営」などと揶揄されたように、実際多くの会社では、それでも済んでしまうようなところがあります。

しかし、本当は、一歩会社から足を踏み出せば、外界はまさに契約社会。そして、本当は、あなたがその会社で働く際も、就業規則に従って仕事を進めることが求められているはずです。

たいてい、入社するときに「雇用契約書」を取り交わし、あなたはたぶんその控えを受け取っているはずですが、そこには、たいてい次のような一文が明記されているはずです。すなわち、

「その他については、就業規則および関係法令によってこれを定める」

と。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。