上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたを管理する立場の人からすれば、

「部下が就業規則などを急に確認し始めたら、退職のサイン」

というのは常識です。
それに、退職手続きにしろ辞表の書き方にしろ、安易に他人には聞きにくい。

「まったく、そんなことだから、辞めなきゃいけなくなるんだよ・・・」

などと陰口が聞こえてきそうですね。いずれにしろ、退職する段階になってバタバタするのはいけません。

もし、本当にそういうことになってしまえば、あなたの評価も心象も一気に下がってしまいます。最後の最後でこんなことになってしまうと、一体何のために会社に尽くしてきたのか分かりません。



これは、二流の辞め方です(--)

実際、多くの人は手続きをしっかり確認すること自体も気が引けるので、何もかも、すべて会社にお任せします、文句は申しません、といった姿勢で臨みます。ただし、これで体面が保てるのはその場だけ。

会社のほうは、最低条件でおとなしく退職してくれて良かった(^^)などと思っているかもしれません。そんな悪意のある会社ではないとしても、やっぱり、最初から最後まで他力本願なヤツだなあ、まあ、最近はそういう人も多いよねー、なんてうわさの種にされて終わりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/10/02(Thu) 01:30 |   |  [編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。