上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変な例で申し訳ありませんが、たとえば、マージャンをするときのことを考えてみましょう。もちろん、ルールを完全に把握していなくても、マージャンというゲームを楽しむことはできますね。
その代わり、分からないことが発生するたびに、確認しなければなりません。

「南場の流局は連荘?」
「カン裏はドラ?」
「ダブル役満は?」

といった具合。マージャンをまったく知らない読者の方もいらっしゃるでしょう。でも、安心してください。仮に、あなたがぜんぜん知らないとしても、もし「マージャンやりたい」とおっしゃるなら、打ち手はどこからともなく集まってくるでしょう。そういうものなんです。とにかく、4人集まりさえすればすぐゲーム開始です。

経験者なら分かると思いますが、そんな時、たぶん、仲間はこう言うでしょう。

「とりあえず並べて」
「テンパッたら教えて」
「分からないことがあったら、聞きながらやればだいじょうぶ・・・」

このようにして、多くの人はいわば、経験とたたき上げによって覚えていきます。たいてい、授業料とか何とか言ってカモられながらも、だんだんと腕を挙げていくのがふつうです。

そして、これでも相当のプレイヤーになることは珍しくないのです。

しかし、では、その人がもし、プロ相手の競技マージャンの選手権に出ることを夢見たとします。そのときに、「分からないことはその場で聞けばいいや」と考えるでしょうか。そんな豪快な選択はできませんよね。たぶん、何よりもまず、細かいルールを学習しようとするでしょう。

二流の方法論は、一流には通用しません(--)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/09/18(Thu) 22:30 |   |  [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/10/02(Thu) 13:03 |   |  [編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。