上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたが就業規則を確認したことを知って、あなたの上司がおもむろに就業規則を確認しだしたとしても、恐れることはありません。しめたものです。なぜかって?
だって、もう、今までのように、自分本位な指示・命令はできなくなるのですから。それどころか、あなたをいつまでも便利な部下扱いしていてはマズい、と改心するかもしれません。

ただし、同時に上司は、ことによると自分の立場が危ないとか、今までの仕事のやり方が通用しなくなるとか、ネガティブなイメージを持つかもしれません。そのままでは、あなたに対しても不利益なイメージを持ちかねません。ですから、様子を見て、上司を安心させることも同時に必要です。

ここで、あなたの態度に注目が集まります。上司はもちろん、周囲の同僚たちも興味津々なはずです。その時、心配でいっぱいの上司には、こう断言するのです。

「もちろん、ルールはあくまでルールです。必要とあらば、今までどおり何でも指示してください!」

と。

ここで、今までと変わらず、いや、今まで以上に前向きな姿勢を示すことが必要なのです。つまり、あなたが、単に規則やルールといったものを「言い分けの道具」や「上司に逆らう手段」として用いようとしているのではない、ということをはっきり示しておくことが大事なのです。それがバッチリできれば、上司は

「お、コイツ、分かってるな・・・」
「コイツは、もしかして予想以上にデキる部下なのかも・・・」

などとあなたのことを見直すに違いありません。きっと、上司の不安は、一気にあなたへの期待に変わります。きっと、彼はあなたに一流のにおいすら感じるに違いありません(^^)



これであなたも超二流です(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。