上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。 二流カウンセラーのあらんです・・・

一流の方は読まないで下さい^^;


マンナカヘンのあなたは、勤務時間をいかに有効に使うかが業務の遂行のための基本的なスキルであると考えて、自分なりの方法をすでに会得していることでしょう。その一方で、休憩や手抜きも仕事には必要であり、あまり無理をするのもかえって仕事ができない証拠だ、などと思いつつ、ペースを守って着実に日々の業務をこなしていることと思います。
しかし、問題はこうです。自分では最も効率の良い時間配分や、プライオリティ、スケジュールといったものを常に想定しているのに、いつも誰かがじゃましてくるんです。

その、自分の仕事のじゃまをするのは、他でもない、本来自分の味方であり、仲間であるはずの同僚であったり、上司だったりします。そんな時、

「オレひとり最高の仕事をしたって、周りがこうじゃ意味がないよ」

などと不満を感じながら、いつしか自分も周囲のレベルに合わせてしまっているかもしれません。



そんな時、あなたは二流のワナに陥っているのではないでしょうか?

ところで、職場というところは、自分ひとりが頑張ればそれでよい、というところではありませんね。チームワークや周囲に対する気配り、暗黙のマナーといった一定の秩序が、全体の仕事力を高めることはもちろんです。

ですから、たとえば先に本日の業務が終了したからといって、

「はい、お疲れさま~。お先に失礼しま~す」

と安易に言える状況にはなりにくい。それも、入ったばかりの新人や、アルバイトスタッフならまだしも、職場でも一定の責任と実績を期待されている立場であるとすれば、とても許されるセリフではない、ということにもなってくるわけです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。