上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事そのものの、自分の中での重要性がどの程度かということについて迷うことがあります。
言うまでもなく、仕事は自分にとってすべてではありません。かなりの重要性を占める部分であることは間違いないのですが、これとて本人の感覚の問題と言えます。

各々が、自分が感じている重要性に応じて、どれくらい仕事に集中すれば最も効率的か、また、どの程度自分の本来の意思やプライベートの時間や条件を犠牲にするか、あるいは投資するべきかについて、考え直す機会が時々訪れるでしょう。

その時にそれが周囲にどう評価されるか、さらに周囲に実際にどう影響を及ぼすかも心配になるでしょう。自分が思う適正な度合いが、状況的に許されなくなってしまっていることも考えられます。

たとえば初めにがんばり過ぎると周囲がそのレベルを要求し続けてくるように感じられる場合もあります。そんな時不本意ながらそのレベルを維持するのはとても苦痛でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。